FC2ブログ

空を見あげて

趣味の絵手紙や折り紙のブログです。土曜日には運勢天気予報を更新中です。

カテゴリー "読書" の記事

西村京太郎「標的(ザ・ターゲット)」

最近ずいぶん本を読んでいなかったのですが
病院の待ち時間にと
本棚のなかにあった西村京太郎さんの「標的(ザ・ターゲット)」持っていきました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

十津川警部「標的」 [ 西村京太郎 ]
価格:679円(税込、送料無料) (2017/3/15時点)




十津川警部シリーズなので短編だと疑わなかったのに
まさかの長編で
30分位の待ち時間があったので
一番いいところで名前を呼ばれ

診療中も続きが気になり
あまり話が頭に入ってきませんでした(笑)

急いで家に帰って一気に続きを読みました
やっぱり1度読みはじめると止まらなくなりますね

ストーリーは
出会い系サイトに殺人予告が書き込まれるところから始まるのですが
事件は予想もつかないほど大きくなっていきます

平成17年が初版みたいで
当時なら完全なフィクションと思えたかもしれないですが

今って何が起きてもおかしくない時代なので
ちょっと怖くなってしまいました


やっぱり読書いいなぁ
また読み始めようかな?

人魚の眠る家



今月3冊の本を読むとノルマにあげたら
図書館から予約の本が確保できたと連絡をいただきました

なんて素敵なタイミング
そして借りてきたのが東野圭吾さんの「人魚の眠る家」

「脳死」と「臓器移植」がテーマのミステリー?です
ネタバレありますので気をつけて下さいね


プールで溺れ脳死の可能性が高いと診断された娘と
その家族の話なんですが
本当にいろいろ考えさえられました

特にお母さんが娘にナイフを向ける場面では
本当に裁判になったらどんな判決が下されるのか
「命」の重大さと危うさを改めて感じました

読み終えた後なんだかもやもやしています


禁断の魔術



ガリレオシリーズ8で読んでいたのですが
長編になったということで再読です
ガリレオの弟子が犯してしまう犯罪の話です
とはいえ結末はわかっていたので

もしの話は
私も内海刑事と同じ考えかな?
そういう責任の取りかたを選んだんだと思うし
何よりも信じていたのだと思います


1.ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟 [ 東野圭吾 ]

ナミヤ雑貨店の奇蹟 [ 東野圭吾 ]
価格:734円(税込、送料込)



病院の待ち時間にちょっと読もうと
気楽に読み始めたのですが
面白くて一気に読んでしまいました

優しい気持ちになれる本なので
またゆっくり読み返そうと思います


6.火花

芥川賞を受賞した又吉さんの小説「火花」読ませていただきました
花火のシーンから始まるので
「花火」と間違える気持ちとても良く分かりました


途中うるっとくるシーンもあったし読みやすかったんだけど
個人的には先輩の個性にはついていけないかもでした

クールなイメージの又吉さんですが熱いかたなんですね
こだわっても許される「ピース又吉直樹」さんを占う(旧ブログにとびます)



2.3名探偵コナン86・87


私が唯一自分で購入して読んでいる漫画が「名探偵コナン」
もちろん全巻そろってます

作者の青山剛昌さんも復帰されたようで
安心しました

啄木鳥の事件は86巻からの続きだったので86巻を再読
哀ちゃんの「ラムだっちゃ」で再び笑う

黒の組織のメンバーの安室さんは味方?っぽくなったところで
いよいよNo、2の影が見えてきました
松本警視はもう出てこないのかな?
結構好きなキャラクターだったんだけどな

87巻の新一君&蘭ちゃんの初恋エピソードは可愛かったですね
でも蘭ちゃん新一君がいなかったらやばかったのね




1.しあわせになるための小さな種の見つけかた

最近ノルマが思いつかなくなってきたので
もう十数年前に買った本を持ち出してきた



昔はこういう本に刺激されて頑張ろうって思える自分がいたのに
近頃は夢とか言われると正直面倒に感じてしまう自分がいる

この本を手に取ったのは
そんな怠惰な自分に対しての戒めなのかな?
幸運の星はおとめ座にいてやぎ座の私にステップアップしろ!!って言ってるのかも?

とにかくじっくり読んで少しでも心が動いたら
付せんをつけてみました

でも探していたのはこの本じゃないんです
もっと具体的になことが書いてあったと思うのにその本は見つからない
どこに行ったのかな?

これから読んだ本をカウントしていくつもりなので頭に数字入ってます